(3)アルゴ注文 - リザーブ注文

この画面でできること

  • あらかじめ注文を出すタイミングを予約できるので発注タイミングを逃しません。
  • 値幅制限外の価格でも指定ができるので、急騰や急落にも備えられます。

リザーブ注文の方法

リザーブ注文を行う場合、まずは画面右上のある「注文」ボタンをクリックします。

STEP1注文画面を表示させる

「現物買い」「現物売り」「信用新規」「信用返済」のいずれかをクリックして注文画面を表示させます。

STEP2リザーブ注文の登録画面を表示させ、登録条件を入力する

リザーブ注文登録画面

「アルゴ注文」をクリックし、「リザーブ」を選択すると、リザーブ注文の入力画面が表示されます。リザーブ条件以外については、通常注文、逆指値注文、逆指値注文と同様に入力します。

登録条件

リザーブ条件

《日時指定》
日付は最大30営業日先まで指定できます。時刻は1分刻みで指定することができます。
  • 執行条件の期間指定より先の日付は指定できません。
  • 分割・決算銘柄等では権利付最終日までの指定となります。
  • 信用取引の売建注文では、本日以降の有効期間は指定できません。
《株価指定》
市場価格が○○円以上/以下になったら発注するかを指定します。値幅制限外の価格も指定できます(執行条件が本日中の場合は除く)。有効期間は最大30営業日先まで指定することができます
  • 有効期間は執行条件の期間指定より先の日付は指定できません。
  • 有効期間は分割・決算銘柄等では権利付最終日までの指定となります。
  • 信用取引の売建注文では本日以降の有効期間は指定できません。

リザーブ注文の訂正

  • リザーブ注文では、「リザーブ条件」、「注文種類」、「注文数量」、「価格」、「執行条件」、「逆指値条件」の訂正が可能です。
  • 日時指定から株価指定への訂正、または株価指定から日時指定への訂正はできません。
  • 「注文種別」の訂正はできません。(通常注文に「逆指値条件」を追加し、逆指値付通常注文とすることは可能です)

リザーブ注文の注意点

  • リザーブ条件は日付と株価の両方を同時に指定することはできません。
  • 日時指定や株価指定の有効期間は、執行条件の期間指定より先の日付は指定できません。
  • リザーブ注文ではPTSは利用できず、東証のみ指定可能です。SORを有効にすることは可能です。