(3)アルゴ注文 - リンク注文

この画面でできること

  • 事前に条件を登録することで、最大10個まで連続した売買を自動的に執行可能です。
  • イフダンOCO注文の利用が可能です。(1つ目に新規注文、2つ目に決済注文として損切りと利食いを両方設定する)

リンク注文の方法

リンク注文を行う場合、まずは画面右上のある「注文」ボタンをクリックします。

STEP1注文画面を表示させる

「リンク注文」をクリックして注文画面を表示させます。

STEP2リンク注文の登録画面を表示させ、1つ目の取引種類を選択する

「+」ボタンをクリックし、取引種類を選択します。

STEP31つ目の注文種類と注文内容を入力する

注文種類を選択し、注文内容を入力します。

STEP4入力した注文内容を保存する

入力が完了したら「保存」をクリックします。入力中の注文を削除したり、注文内容をクリアすることもできます。

保存
入力した注文を保存します。
削除
入力中の注文を削除します。
クリア
銘柄、取引種類、注文種類は変えずに、入力中の注文内容をクリアします。

STEP52つ目以降の注文を入力する

「+」ボタンをクリックし、2つ目以降の注文も同様に取引種類を選択し、注文内容を入力します。

POINT

反対売買を簡単に追加できます!

2つ目以降の注文では番号を指定して反対売買(指定した番号の注文が現物買い注文であれば現物売り注文、信用新規注文であれば信用返済注文) を簡単に追加することができます。

STEP6登録条件を確定する

「確認」ボタンをクリックして登録条件を確定します。確認画面、取引暗証番号の入力は環境設定により省略することも可能です。

POINT

注文の順番を並び替えることもできます!

注文を追加する前の画面であれば、登録した注文をドラッグ&ドロップで順番を並び替えることもできます。

リンク注文の訂正

  • リンク注文では、「注文数量」、「価格」、「執行条件」、「初期条件」、「トレイリング条件」、「逆指値条件」の訂正が可能です。
  • 「注文種別」の訂正はできません。(通常注文に「逆指値条件」を追加し、逆指値付通常注文とすることは可能です)
  • 「初期条件」、「トレイリング条件」の訂正は、「トレイリング条件」の合致前のみ可能です。
  • 条件登録後に注文の順番を入れ替えることはできません。

リンク注文の注意点

  • 次の注文が発注されるのは、前の注文が全て約定してからとなります。
  • リンク注文ではPTSは利用できず、東証のみ指定可能です。SORを有効にすることは可能です。
  • 待機中となっているリンク注文のいずれかを取り消すと、同一のリンク注文から執行される予定の注文がすべて取り消されます。
  • 通常注文として執行中のリンク注文を取り消すと、当該注文に加え、同一のリンク注文から執行される予定の注文がすべて取り消されます。
  • 一般信用の新規売建が登録条件に含まれている場合、営業日の17時頃~19時は登録できません。
  • トレイリング注文を利用できるのは現物取引の売り注文、信用取引の返済注文のみとなります。

リンク注文でよくあるご質問

  • 違う銘柄や売買種別の注文を組み合わせることはできますか?
  • 注文は銘柄や売買の種類に関係なく自由に組み合わせることができ、通常注文、逆指値付通常注文、逆指値注文、トレイリング注文を利用することができます。
  • 新規注文と同時に決済注文で逆指値注文や逆指値付通常注文を登録することはできますか?
  • 従来のセット注文ではできなかった、新規注文と同時に決済注文で逆指値注文や逆指値付通常注文を登録することも可能になりました。